工藤真人

“パワーを感じる器”

工藤真人さんの器 工藤真人(くどうまひと)さんは、
朝日が美しい茨城県ひたちなか市阿字ケ浦で作陶されている。
工藤さんの器の魅力をひとことで言わせてもらうなら、“パワー!!”。
織部の緑に魅入られたのはもう10年前でしょうか。
器を使うと、豪快なエネルギーを分けていただけるように感じます。
ぐい呑みでおいしいお酒をいただくと、胃の中からそのエネルギーを摂取できそうです。
織部以外でも唐津の枯れた感じや志野の落ち着いた雰囲気もおすすめです。

 
片口 フリーカップ フリーカップ
ぐい呑み ぐい呑み ぐい呑み
ぐい呑み ぐい呑み ぐい呑み
その他の器を見る
工藤真人さんの器は POWER!
阿字ケ浦の朝日

■陶歴
1958年 8月1日、東京都港区赤坂に生まれる 新宿歌舞伎町で育つ
1980年 早稲田大学中退
1980年 愛知県常滑で陶芸の修業
1984年 スペイン、イラン、インドで工芸の研究
1987年 茨城県阿字ヶ浦町にて作陶開始
1988年 東京都新宿 増田屋で初個展
1989年 東京銀座 黒田陶苑で個展

伊勢甚(水戸)ギャラリー玄海(新宿)ギャラリー繭(白山/京橋)ギャラリー乾(足利)八木橋(熊谷)ひよし(岩槻)もえぎ(益子)工芸のわ(野田)ギャラリーエレガンス(伊豆高原)横瀬画廊(ひたちなか市)いちょう(田園調布)などで個展

小原流立川支部新年式典で「やきものの歴史」について講演、また2003年、工藤昌伸追善花展「行雲流水」(東京・エスパスオハラ)、好評を博す。

海外
2007年 フランス、パリのバスティーユでグループ展
2008年 インド、コルカタで「日本の工芸」展に参加、ワークショップを開催
2014年 International Woodfire Festival, Mystery Bay Australia 2014に参加、ワークショップを開催

About the owner

使って心地よい器をみつけてください

手作りの器は、同じ作り手によって作られたものでも、ひとつずつ形も色もばらばらです。でも、その“ゆらぎ”が安心感を感じさせてくれると思います。 作り手によっては、きちっと形がそろっていることもあります。しかし、そこにも手のぬくもりというようなものは感じます。 作り手を感じる器というのが私はいい器だと思ってます。作り手の発するものに共鳴する自分との関係が心地よさを成り立たせいるのかもしれません。

Top