軽井沢様式「三葉落葉松図模様手拭」(紺地)

雨宮敬次郎氏が明治17年より軽井沢地域に合計700万本植えたと言われる落葉松(カラマツ)の葉をモチーフとした三葉落葉松図模様の手ぬぐいです。
カラマツは軽井沢を象徴するような樹木のひとつとも言えます。
そのカラマツの葉をシンプルに、現代アートのようにデザインされたモチーフはとてもおしゃれ。

「軽井沢様式」は登録商標で、軽井沢ならではの文化・自然・景色・素材などをデザイン化し、その様式美を製品にしたものです。

デザイン:森の雫、TomFarmount
色:紺、白
サイズ:35cm x 90cm
素材:綿
販売価格 1,080円(内税)
購入数


About the owner

使って心地よい器をみつけてください

手作りの器は、同じ作り手によって作られたものでも、ひとつずつ形も色もばらばらです。でも、その“ゆらぎ”が安心感を感じさせてくれると思います。 作り手によっては、きちっと形がそろっていることもあります。しかし、そこにも手のぬくもりというようなものは感じます。 作り手を感じる器というのが私はいい器だと思ってます。作り手の発するものに共鳴する自分との関係が心地よさを成り立たせいるのかもしれません。

Top